健康科学大学宿舎組合

ご挨拶

「ご挨拶」

富士河口湖町町長 渡邉喜久男
地域を元気にする原動力は「人」です。健康科学大学で学ばれている学生の皆様も富士河口湖町を元気にする源です。富士河口湖町では、この町の財産である個人の力を「人財」と位置付けて、様々な政策に取り組んでおります。
富士河口湖町は、世界遺産に登録された富士山を始め誇れる地域資源がたくさんあります。健康科学大学も大切な地域資源の1つです。PT・OTをはじめとする福祉系の技術や資格は、少子高齢化の進む時代にとって社会課題を解決するためにも求められています。社会から必要とされている人財を育成する健康科学大学は、重要な教育機関です。
この大学で学ぶ学生たちが、安心して楽しく暮らすために健康科学大学宿舎組合がございます。それぞれの組合員さんには、お預かりした学生の皆さんを自分の子どものように接していただいております。町でもこの取り組みを全面的に支援しておりますので、どうぞご安心ください。
富士河口湖町 町長
渡邉 喜久男

「ご挨拶と宿舎のご案内」

健康科学大学宿舎組合会長 渡邊与一
この度の健康科学大学入学を宿舎組合一同、心からお慶び申し上げ歓迎致します。
当組合は健康科学大学、富士河口湖町の協力の元に大学の開校とともに発足しました。
雄大な自然のなか日本一の富士山を間近にみる富士河口湖町での生活で、これからの医療福祉を担うべく、勉学に励めるように応援します。
学生生活を送る上で、居住環境はとても重要なものとなります。
学生の皆さんが、学業はもとより毎日の生活が実り多いものとなること、また父兄の皆様に安心にしてご子息を送り出していただけるよう、親身になりお世話することをお約束します。
安心・安全・快適をモットーに学生たちに充実した生活を送っていただくため、学生、保護者の皆様により良い宿舎の情報を送りできるようここにご案内申し上げます。
健康科学大学宿舎組合 会長
渡邊 与一
Copyright (C) 2008 健康科学大学宿舎組合 All Rights Reserved.